magic of nature
armonicag.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
自分で自分を勇気づける
今日は朝から 充たされた感覚
安心感や 充足感 きらきらした感じがわいてきて
何がそうさせているんだろう って思ったら

昨日 みんなと今ここを共有したからだ ってことに気づきました

同じ現実だけど 今ここと 思考の中との世界は
まったく別次元のよう
いったん いろいろリセット日になりました


「勇気をもって 人生を楽しみます」
昨日来てくれた女性から こんなメールをもらいました

素敵だなー

私たちけっこう受け取り下手なのです
愉しむことや 充たされることに どっか恐怖があるというジレンマ

こういうの もうやめよう
大丈夫
愉しんでいいんだよ
嬉しい言葉をもらったら 全細胞で受け取ってね
受け取ることにも 慣れないうちは 勇気が必要

それと 「自分を大切に」 っていうのはね
使わずにおいておく ということじゃなく
どんどん生かしてあげること
命って 使われたいもの
穏やかだけじゃあ 肉体もエゴさんも退屈するようです

植物も同じ
ただおいてることが 大切にしていることじゃない
おいてて 枯れかけてるのに 「捨てるのは可哀相」 って
よく言われるんだけどね
そこに私は けっこうはっきり言うのです
「こうやってほっておかれている方がが可哀相だよ」 って

自分を使いましょう

少しくらい疲れてもいいじゃない
成長するには 少し無理するくらいの体験も必要だよ
壊れることを恐れていたら 何もできない

人と繋がりたい想いがあるなら
自分の壁を壊さなきゃ

わかって欲しいのなら 恐れずに伝えなきゃ

なりたい自分になれないのは
恐れが邪魔をしているから

自分で自分を勇気づけてあげよう
大丈夫
今の君ならできる! って

そうやって 一歩踏み出したとき
恐れに勝って行動できたとき

何かが変わる

その自分をしっかり描いて やろうよ


こんな話を 成人になった長男とよくするんだけど
これって 自分へのメッセージでもあるんだよね

少し前 私に与えられた課題もこれだった

新しい春にむけて
壁 取り壊し中

この作業 少し怖いのは最初だけでね
けっこう楽しい

これを壊したら
次は何が起きるかな って

そして 自分がやわらかくなった気がします

弾力~
# by armonica-g | 2014-01-13 18:19 | 想いのままに
こんなわたしだけど・・
お正月の過ごし方は きっとそれぞれ違っていて
感じたこともいろいろかな
ようやく平日に戻りましたね

わたしは今年は今までで一番のんびり過ごせたかもしれません
走ってきた人間にとって のんびりするということは
ある意味 地雷を踏む機会をもらうようなもので・・
けっこう大変な年明けです

自分のお世話が大変で
ブログが止まってしまっていました
それでも来てくださっているみなさん
ありがとうございます

そんな方たちなのかな
夢にも数人 登場されました

 元気かなぁ  幸せかなぁ

なんて想いを馳せつつつ。。。


やっぱり みんなが 笑顔で過ごせる一年になることを
心から願わずにはいられません

こんなわたしだけど・・_e0232798_18462675.jpg

人ごみをさけて 今日ようやくお詣りに行った清澄寺
私はこの木に会いたくて  乳イチョウ 


多くの人が普通に使うものに 抵抗があったり
世間に流されるという事が どうしても出来なかったり
この偏屈さ いったい誰に似たんだろうと
両親を眺めるお正月

二人とも 偏屈というか 強いというか ・・・

このDNA
生きづらいところもあるんだよなー

でも どうしても自分には嘘をつけない性分を貫きながら
ここまで生きてこれたことは
愛すべきことかもしれないね
 (そういえば おばあちゃんも夢に出てきたなぁ)

小寒こえて 大寒までは
うちへ うちへ とはいっていくよう
ご挨拶は 立春にさせていただきますね

こんなわたしですが
飽きずにおつきあい下さると 嬉しいです
一人が好きなくせに さびしがり屋だからね

グレゴリオ暦の年明けに感じたことは

 笑い と 信頼   でした

いいことも よくないことも 起きるけど

 信じよう

 信じたい

 そして 笑っていたい
# by armonica-g | 2014-01-06 19:17 | 想いのままに
旧暦とグレゴリオ暦
旧暦や13の月の暦もとりいれて生活していると
「〇月〇日」 という数字の奥にあるものに
縛られなくなるので 振り回されなくなります

とくに元旦は 旧暦の流れと 迎え方が全く違う

旧暦では 1月1日からが師走です

自然界がすっかり冬姿になるのを感じながら
家のこと 自分のことを 
新しい年を迎えるために 整える

1月末の大寒ころになると 
関西でも庭仕事はできなくなるくらい 冷たいです
ぴんと張りつめた冷たい空気
眠ったような大地
それは 私たち自身を内側へと向かわせます
寒いから人との交わりを求めて睦ぐ・・ 
睦月がやってきます

そうやって迎える元旦や立春
そこにはもう 命の芽吹きが感じられる!

まだこんなに寒いのに
ちゃんと春はやってきてるんだ

って 歓びを感じながら 新しい年に入っていく

このわくわく感が上がっているときと
まだ下がっていくときじゃあ
新しい年の迎え方が違うな って思います
そんな風に感じるのも 植物たちの姿に
感じやすい私だからかもしれないけどね

あとひと月先の立春を 心に想い描いてくださいね

旧暦とグレゴリオ暦_e0232798_8503672.jpg


そして すっかり休んでいるように見える木々たちも
根っこや 幹の中
ちゃんと春の準備をしています
葉っぱがないぶん 木のセンターが感じやすい
話かけてみてくださいね
幹に手をふれて 感じてみてね
# by armonica-g | 2013-12-30 08:56 |
共感する
私たち ヘンな特技がいつのまにか
身についてしまったようです

何かを訴えている植物たちの傍にいくと 咳き込む

というもの

少し前から 敦子さんが突然咳き込むから
どうしたの とは思っていたけれど

それは私にも始まった

どうやら 植物たちの苦しさを感じ取ってしまうみたい

ふれていると突然 咳き込んで
「そっか 水が足りなくて苦しかったんだね」
そう言ってあげると おさまる

作業中だけじゃなくて 仕入れしているときも突然起こる
そんな時は
苗たちが今までの辛かったことを 訴えているみたいに感じるから

「そっかそっか 辛かったね よく頑張ったね」 って
声をかけてあげると ぴたりと止まる

植物たちも 私たちと同じ

わかって欲しいんだね
共感して欲しいんだね


クリスマスの夜 内側からいっぱい叫びが聞こえてきて
感情の嵐をまたまた体験

そんな自分を 頭ではなく
心からわかってあげることができたとき

感情は穏やかに流れていった

流れてしまえば ただそれだけのことだけど
理性や思考が働きすぎると
とっても難しいことになってしまう

頭でわかっているのと
心が共鳴するのは違うんだ

どんな自分でもいいじゃない

自分の言いたいこと
せめて自分にだけは 言わしてあげてね

植物たちとも そんな風に対話してみてね
# by armonica-g | 2013-12-27 07:07 | 想いのままに
クリスマス ~愛の日
イエス・キリストの誕生日 12月25日
いつの間にか 日本でも一大イベントですね

今日はとてもあたたかく 春みたいな陽気
外で働く私たちにとっては お日様の恵みをもらいました

太陽からのクリスマスプレゼントだね

誰かと過ごす人も 一人の人も
仕事をしている人も
気持ちがふさいでいる人も

みんなに

ぬくもりが 降り注ぎますように

愛が 降り注ぎますように

クリスマス ~愛の日_e0232798_2131474.jpg



いつも
自分以外の誰かのために
がんばっているあなたに

メリークリスマス☆
# by armonica-g | 2013-12-25 19:17
冬至  太陽と実在する
今日は 冬至
一年で一番昼の時間が短い日
太陽と地球の位置関係が変わる日

自然を敬ってきた人たちにとっては
大切な節目の日だったんですね

太陽と共にいて そこを少し感じてみよう

地球暦 杉山開知さんからのメッセージ

  “日短きこと至〔きわま〕る”という「冬至」は、陰が極まり、陽に転ずる、
  光のバランスが反転するポイントです。
  今日は、地球の北半球において、太陽が出ている時間が最も短く、夜が最も長い
  一日となります。
  この一陽来復(いちようらいふく)の瞬間から、太陽の日照時間は長くなりはじめ、
  再び、夏至へと向って光が満ちていきます。
  冬至は古くより生命の終わりを意味し、新しい命の再生と復活の時とされてきました。
  そして太陽の象徴である「火」を焚き、一年の厄を払い、大掃除や禊によって心身を
  浄化し清めて、生活とともに一年をリセットしていました。
  ゆく年の「終わり」を迎え、くる年の「はじまり」を祝う冬至の節目は、一年を一日に
  例えた深夜0時にあたり、その一瞬で日付が変わるように、次の年に切り替わるときです。


北山耕平氏の文章も 心揺さぶられます

「冬至は太陽が立ち止まるとき」

「冬至の日のために」

  太陽と地球といのちの関係を改めて考え直し、
  太陽にその力を与え続けてくれることを感謝する日。

  太陽が地球とそのうえのあらゆる命に生きる力を与えているように、
  地球に生きる人間も、太陽が生きて天界を旅し続けるエネルギーを
  貸し与えなくてはならない。
  冬至の日の祭りは、われわれが太陽に対してできる
  ささやかないのちの祭りなのである。



太陽さん いつも照らしてくれてありがとう
あなたのおかげで たくさんの命が
輝いて生きている

冬の日も あなたの光が恋しいよ
雲に隠れてないで 出てきてね
待ってます
# by armonica-g | 2013-12-22 13:46 |
和道ヨガセミナー 感想をいただきました 2
セミナーで体験したことは すぐにはよくわからないけれど
日常に戻ったとき 突然 ふと思い出したり
なんか体が違う って気づいたりするものですね

感想を送って下さったので紹介します

***

和文化に興味があり、参加してみました。
凛と美しいゆみ先生のお姿に 和道ヨガの素晴らしさを直観。
日本の気候にあった それぞれの季節のすごしかたについてのお話も
興味深かったです。
西洋化が進んで、現代社会に生きる私達がすっかり忘れてしまった、
けれど質の高い生活を送ることに直結する 古き良き知恵満載で、
着物や足袋、腰紐、足紐の効用も目から鱗でした!
ヨガも、アクロバティックというより、
美しい所作や身のこなしの延長線上の動きの中に
下半身やインナーマッスルをしっかり使ってゆく、
身体の軸がしっかりできつつ、美しい女性らしさも表現できる動きと感じました。
今回教えていただいたことを少しずつ思い出しながら
生活の中に取り入れてゆこうと思います。

***

ユミ先生の話にスコーンと杭が抜けた感覚になり、
キレのある身のこなし、立ち居振る舞いは素敵でした。
実際に見るのと聞くのでは、大違い!
場の雰囲気が違うんですね。
ユミ先生のあのうちから湧き出るエネルギッシュさと
ドシーンとした身のこなしの塩梅が絶妙。
思い出して、なんだか今はワクワクしてます。
足紐や足袋は家に居る時や、お休みの日にやってみますね。


***

お二人ともヨガを教えておられます 
緩めるだけでは何か足りない と感じていたことに 
繋がったようです

瑞々しく 美しく エネルギッシュな年上の女性に出逢えることは
ほんと 嬉しい

先生の着物姿 写真に撮るのを忘れたことが悔やまれます

年齢を言い訳にするのはやめて
自分の体と向き合おうね

  (・・って 自分に言い聞かせてます)


柔軟よりも 大切なのは 弾力
ユミ先生のブログも読んで下さいね

和道ヨガ 宝塚セミナー 感想 その2

そして ぜひユミ先生に会ってみてください
きっと魅力がわかるから

和道ヨガ 東京セミナー 2014年1月
# by armonica-g | 2013-12-21 20:18 | 和道ヨガ
和道ヨガセミナー 感想をいただきました
和道ヨガセミナーに 参加くださった女性から
素敵なメールを頂いたので ご紹介します

****

ありがとうございました!
無事戻りました。
バスが着いた頃には軽く筋肉痛になって
次の日は筋肉痛すごかったです。

ユミ先生は、陽子さんのブログに書いてあったとおりの
素敵な女性でした。
それに今回参加させていただいて
本当に楽しかったです。

帰りに自分の顔を見てみたら
顔がすっきりしててびっくりしました。
それに体験してみて、身体は散々なものだったと思うけど、
心地良かったです。
動かしてないところを動かすのはキツいけれども、
それ以上に動かしてみて気持ちよかったです。
お話ももっと聞いていたかったくらいです。

仕事は私服で大丈夫なので
足袋、腰紐を毎日使える服装に変えようかなとも考えてます。

来春もまた参加できれば、
ぜひ参加させて下さい(^^)
ありがとうございました*

****

動きが可愛くて 場の雰囲気を和ませてくれました
ありがとう~~

2セミナーを受けられた後
お顔がすっきり 目もぱっちり
美しくなられていました

女力アップ さっそく実感だね

「楽なこと」 と 「心地いいこと」 は違うということは
大きな気づきです

締めた後 ゆるめる それは心地いいけれど
ゆるめっぱなしは 楽なだけ

私たちの体は もっと動きたがっているのかもー


彼女への先生からのメッセージ

もっと綺麗になれる!
# by armonica-g | 2013-12-19 07:00 | 和道ヨガ
愉しかった 和道ヨガセミナー 2日間
大雪の北海道から来てくださった ユミ先生
有意義で 笑い溢れる3セミナーとなりました

日本人には 日本人の骨格にあった
体の使い方がある ということをいろいろお聞きして
なるほど~ と今まで感じていた違和感が
ぴったりきた方も多いようです

正座をしながら お話を聞く
それだけでも 実は体の中ではいろいろ起きているのです

下半身でふんばる 上半身をのばす
和道ヨガの動きは 体全体使うので
一回するだけで うんとききます
これを先生は
「全身を使い切る 充実感のある動き」 と表現されます

動きは特別なものじゃないんだけど
足首 足先の角度や方向を ちょっと調整されると
いつも使っていないところが ぴくぴく・・ 

「一体なにやらすのー」  と言わんばかりに
みんなが苦し紛れに笑い出す

セミナーを受けたあと
お風呂の鏡にうつる立ち姿 下半身の様子が違っていました
すごくたくさん運動したわけではないのにね
びっくり~

「女は膝をひらけるな」 

立つとき 座るとき 歩くとき
膝を意識して 日常を送るだけでも違うね

これを筋肉を使ってするのではなく
意識の仕方で 力をいれずにできる方法も教えてもらえました

男性が参加してくださったので
男と女の体の違いも 聞くことができました

袴姿のかっこいいユミ先生
愉しかった 和道ヨガセミナー 2日間_e0232798_83593.jpg

愉しかった 和道ヨガセミナー 2日間_e0232798_832268.jpg



楽をしたら 使えない体になってしまう

命ある限り 自分の体は 自分で支えて生きようよ
だから 体を使って 日常を送る

物を背負える体の強さが 人を支えられる強さになっていく

足腰強い人がそこにいるだけで
その安定感が 周りにも伝わっていく

まずは 自分の体なんだけど
その向こうには 繋がる人たち 
繋がる命への愛が
ユミ先生の言葉から 伝わってきます

年齢不詳なパワフルさと 可愛さをもったユミ先生
お着物の姿は とっても色っぽく

私たちも まだまだアツく生きるよって
力をもらえた二日間でした

ありがとうございます

お別れ名残おしくて
また春に来てもらう約束しちゃいました

それまでに足腰鍛えて
先生に足をはらわれても ふらつかないようになってるぞ

参加してくださったみなさんも
どうもありがとうございました

自分の弱点 わかりましたね~
お互いもらった宿題をやりましょう!


和道ヨガ ユミ先生のセミナー
1月には東京 2月は名古屋で 開催されるそうです
# by armonica-g | 2013-12-18 08:28 | 和道ヨガ
めぐる命
真っ赤だったもみじが 先日の強風で
全部落ちてしまいました
そのかわりに 真っ赤な絨毯ができています
落ちても美しく 愉しませてくれるもみじ

枝だけの木々たちになって
庭はすっかり冬姿です

毎日 あちこちのお庭に周っています

土への堆肥の足し方や
植物の組み合わせ方など 心を配っているので
5月までたっぷり愉しんでもらえる花壇づくりができます

やっぱり土が一番大事

ここに手をぬかないでくださいね

そして この檸檬
めぐる命_e0232798_7415247.jpg

植えてから一度もならないから 抜いちゃおうかな
と言うOさんに
「もう少し待とうよ」 と堆肥や肥料を漉き込むこと数年

ようやくなりました!
全部で3個

「ありがとう」 って一つお裾わけしてくださいました

とって~も ジューシーで甘かったぁ

あんな小さな花から こんな立派な実がなるんだもんね
命の神秘です

私たちの中にも宿っている命の神秘
体という器がもっている力を
感じ取っていきたいですね

和道ヨガ 四国や愛知からもご参加くださいます
まだ定員の余裕がありますので 迷っておられる方は
この機会にぜひ 体験してくださいね!

冬を上手に乗り越えていく 体の使い方についても
お話聞けますよ

ユミ先生のブログ
宝塚で和道ヨガ








 
# by armonica-g | 2013-12-13 07:47 | 想いのままに