magic of nature
armonicag.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
ドアを叩く
「かもめのジョナンサン」の作家 リチャード・バックの言葉に
心の内側がうるうる反応します

とっても好きな文章 紹介するね


ドアを叩くことを あきらめないでよかった

本当に欲しいものは探すのをやめたとき見つかる って言うけれど

探し続けたから 見つけられたものがある

自分の衝動に従う
どんな自分の行為にも 必ず繋がっていく明日があるから

あきらめないでね

どんなあなたも素晴らしいんだよ

あなたへ届くことを願って♡



  人間が本当に愛するものを見つけるのはとても大変なことで、
  それがすべて、要するに人生の中心だと思うね。
  一生かかっても、ついにそれが見つからない人も多いと思うんだよ。
  だけど、ドアが閉まっていても、いつかは絶対に自分の好きなものが見つけられると、
  そういうふうに導かれているんだと信じることだね。
  だいたいは、どこもかしこも閉まっていると、絶望的になっちゃうんだよ。
  だけど、あっちこっち叩いているうちに、どこかのドアがポンと開くと思うんだよ。
  その開いたドアが、自分の求めている、愛するものへの道だと、
  とりあえず信じるんだよ。
  そこへ入る、またドアが全部閉まっている。
  必死になって叩くと、またひとつだけドアが開く。
  そういうところをひとつずつ通過しているうちに、
  いつか、ものすごい光が自分の中に出てくるはずなんだよ。

       リチャード・バック  「イリュージョン」より




e0232798_18511741.jpg

by armonica-g | 2015-01-11 18:46 | 想いのままに | Comments(0)