magic of nature
armonicag.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
和道ヨガと 実在(プレゼンス)
今回のレナードのワークショップで
ここにあることを深く体験できたのは
去年から意識してきた 子宮(ハラ)の存在のおかげ

子宮(ハラ)が意識できるから 体が安定して
相手のほうに引っ張られない
自分の場所で 自分とただ在る ということが
力まず簡単にできるようになった

そしたら プレゼンスがどんどん深くなる
奥へ 奥へ 入っていける

そして 自分の中にある どくどくと躍動する存在に出逢った

「躍動するプレゼンス」

こんな感覚は今までなかったもの

「沈黙」に出逢うことはあった
でも 今回は 動いているのを
はっきりと感じ取れた

それに出逢ったときは
勝手に涙が 嗚咽が 起こってきた

ゆるぎない神聖な場所が 私の中に存在するんだ。。。

かつての日本人の在り方は
プレゼンスそのものだったのではないだろうか と
リトリート中も感じていた

「道」 とつく あらゆる文化の中で
日本人はハラを据え ここに在った

自分といる 座り方 立ち方 佇まい
ここにプレゼンスの力が宿る

私は 和道ヨガを体験して ユミ先生に出逢って
この感覚をリアルに感じとったし
自分の中にも繋がるものを感じとった

これを思い出すことは
私たち日本人にとって それほど難しいことではなく
逆にここがなく生きる事の方が
難しいことなんだよ (腰ぬけ状態ね)


ユミ先生は仰る


「腰が自由に作れるしなやかさが身につくよ」

「隙のないオンナと隙を作れるオンナ
 その使い分けができる体になるよ」 

って

素敵じゃない?

だからみんなに体験して欲しい

この身体があって幸せだってこと
この身体が素敵だってこと

いい女でありたい人だけじゃなくて
いい男でありたい人も

ぜひどうぞ

和道ヨガを通して ハラ 自分のセンターを
捉えてもらえます

ハラの力なくしては
命輝かせられないの

ご参加お待ちしています!
先着順なので お早めに


和道ヨガ 春のセミナー

4月20日・21日 開催します



ユミ先生に 「自己評価が低い」と はっぱをかけていた私だけれど・・
周りの人たちに もっと自分の良さを認めてあげて
と言ってきた私だけれど・・

私自身が自己評価がかなり低いことを
ようやく認められるようになった

謙遜という日本の文化は美しい

でも 隠れているのとそれとは違う
もう自らを前に押し出す時に来ている と

そうしてでも 伝えなきゃいけない大切なこと

私の魂が もうし残したくないこと

それが内側からあがってきはじめた

ユミ先生も きっとそうなんだね












 


by armonica-g | 2014-03-15 23:51 | 和道ヨガ | Comments(5)
Commented by Rie at 2014-03-16 23:14 x
そっかぁ、子宮がハラか。
わたしは何だか、自分の女性性をずっと恨んできたような気がする。性を超越するんだと思っていたけど、逃げてただけだと気づいた。陽子さんを見てると、私の子宮がもぞもぞし始めたよ。ややこしい子が起きちゃったなあ、というのが今の正直な気持ち。
Commented by armonica-g at 2014-03-16 23:19
Rieさんの子宮ももぞもぞしてきたなんて
まあ 嬉しい
リトリート中 我が部屋はもぞもぞしてたのだ

ややこしくないよ
私もずっと恨んでたから 大丈夫

その子がどれだけ パワフルで素敵で愛おしいか
体験せずに 来世いっちゃう?

Commented by armonica-g at 2014-03-16 23:21
実は 今 子宮の叫びが 爆発してたとこ・・
Commented by Rie at 2014-03-17 00:43 x
ば、爆発って、どんな???
リトリートのプレゼンスウォークのとき、妙に女っぽい人だな、と思ったのだった。透き通る感じなのに、女っぽい、こんなの始めて、と。
Commented by armonica-g at 2014-03-17 08:21
まぁ 極上の褒め言葉を ありがとう

和道ヨガを体験したら
Rieさんの中の同じ感覚 きっと思い出すよ
今はね 眠っているだけ