magic of nature
armonicag.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
夏の水遣り
植物は大好きだけれど夏の水遣りが大変
と負担に思っておられる方も多いようです

「armonicaさんは どうされているのですか?」 とよく聞かれます

真夏になると
わたしの場合 基本は夕方6時頃にたっぷりとあげます

armonicaの庭は 西日が強くあたるので
朝にあげても夕方にはカラカラになります
なので 真夏は夕方遅くの水遣りをメインにしています

でも 小さな9cmポットの苗は 一日もたないこともあります
そういう時期には ポット苗には午前中にもあげます

あくまでも 植物の様子をみて
その都度対応する という姿勢

夏に枯れる原因は
①水が足りない
②水が多すぎる

のどちらかです

自分がどっちのタイプか 想像できますよね

夏には水をあげなきゃという意識が強いんだけれど
高温過湿が嫌いな植物は
水がたっぷりあって いつも湿気があると
根が蒸れて 枯れてしまうのです

こういう状態を 根が腐った または根腐れ といいます

朝に水をあげて 昼間気温があがったときに
土に水分が残っていると
根がぬるま湯につかっているようになるの

この温度の高さが 根っこを溶かしてしまうのね

一度 ためしに指を突っ込んでみるとよくわかるよ

水は朝あげなきゃいけない と思いこんでいる方も
結構多いみたいだけれど

真夏は 夕方~夜もOKです

乾燥すると出るハダニ

葉っぱにも水分が必要です
株全体にシャワーのようにかけてあげてね

ホースであげられないマンションのベランダの方も
夏にはジョウロで頭からかけてあげて欲しいなと思います

レンガやコンクリートの塀などは熱をもっているので
そこにも水をかけます
そうすると庭全体の気温が下がって
部屋の中にも風が通り 夜が過ごしやすくなります

木々の足元はとくに乾燥します

水を吸う勢いが木のほうが強いので
草花たちまで残らないようです
土の中の根っこをイメージして それぞれにいきわたるように
心を配ってあげてね

毎日たっぷりかけているつもりでも
地面の奥までは浸透していないもの

どうも木の元気がない 葉っぱが落ちる
という方は 水遣り後に土をほって確認してみてね
どれくらい土が湿っているのか チェック要です

あまり乾きが早いときは 腐葉土を上にかぶせると
乾燥を防ぎ 保湿してくれます

土に水分をたっぷりしみこませる方法としてお勧めなのはコレ

ホースから弱めに水をだしておいて
乾いたところに放置 
その間 お手入れしたり 草抜きしたり

そして15分ごとくらいに場所をかえる

こういう遣り方をすると 土の中にたっぷりしみこむので
植物たちの元気が違ってきます

でも基本は 逞しく育って欲しいよね

いつもたっぷりの水気があるよりも
少し乾き気味のほうが 自分で水分を求めて根が伸びるので
しっかりした株に育ちます

あくまでも植物たちの様子を見るのが一番!

今何を欲しがっているんだろう

って その子になって想像してみてね
その子に聞いてみてね

植物にとっては あなたのその気持ちが
一番うれしかったりするのです


みなさんと植物たちにとって
心地よい方法が見つかりますように
by armonica-g | 2011-08-04 07:37 | 庭仕事 | Comments(0)